スポンサーリンク

ピアスの開け方。

ピアスを開けた時の話を書きます。

私は迷ったあげく病院でファーストピアスを開けて貰いました。
普通の皮膚科で、両耳一個ずつで約一万円でした。
片耳だと五千円だったと思います。
なぜ、病院で開けたかというと友達にピアッサーで開けてもらったら
穴が斜めになったとか、膿んでしまったとかいう話を聞いていたので
お金はかかるけど病院で開けたほうが安心だ、と思ったからです。

ですが結論から言うと、自分でニードルで開けるのが早く安定するし
費用も掛からない、です!

病院で開けたのはもう何年も前ですが、私の耳たぶが分厚いのか、
担当医師が下手だったのか、いまだ安定してません。

すぐふさがってそのたびにぷちっとしないとピアスがつけれなかったり、
ちょっと重いピアスをしてるとはずしたとき血がでてしまったり。。

病院で開けた2年後くらいに自分で調べて、ニードルで一個耳に穴を開けて
みたのですがそちらは3か月くらいで安定して今もふさがることがないので
全部自分でやればよかったと後悔しています。

自分でニードルで開ける場合に必要なものは4つ。

①ニードル(Amazonで買えます。16Gか14Gがいいと思います。)

ニードルは使い捨てなので開けたい穴の数だけ必要です。


②ファーストピアス(こちらもAmazonで。私は16Gのストレートバーベルにしました。)

 

③抗生物質入りの軟膏(薬局で購入できますが私は家にあるものを使用。)

④消しゴム(一般的な形の消しゴムであれば何でも大丈夫かと)
私の場合、③と④は手持ちのものを使用したので200円くらいで耳に穴をあけることができました。

やり方は穴を開けたい位置を決めて、マジックなどでマーキングします。
(これは病院でも同じでした。)

ニードルのとがっている部分に軟膏をたっぷり塗ってニードルのとがってない穴の開いてるほうにファーストピアスとなるストレートバーベルをセットします。

耳の後ろに消しゴムをあててマーキングした所に、ニードルを刺します。
(消しゴムにニードルが突き刺さったらもう穴が開いてます。)

あとはニードルを引っ張って引き抜けば、耳にはストレートバーベルが入った状態になります。これで完了です。

知識と度胸があれば、ピアスを開けるのは費用もかからず以外と簡単にできてしまうのです。
需要があればまた書きますが今日はこの辺で。
何事も自分でよく調べてから行うのが大事です。
めんどくさがりで、ビビりな自分が悪いのですが病院で開けたのは本当に、
後悔、です。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る