スポンサーリンク

2018年、年賀状の注意点 52円で出す為には。

年賀状

今年の6月から、ハガキの値段が52円から62円に値上げされました。

ですが、2018年の年賀状は「2017年12月15日(金)2018年1月7日(日)まで」の期間に限り、

52円で差し出すことができるというので、自分の備忘録の為に10月末に年賀状に関する記事をUPしました。

現在、2017年12月18日で、52円で出せる期間に突入したので再確認です!

郵便局で年賀状も買ってきました!

日本郵便局年賀状

私のブログは閲覧数もかなり少ないのですが、最近、10月末に書いた年賀状の記事が一番見てもらえています(笑)

郵便局で一枚52円で年賀状を買ってきましたが、2018年1月8日からはこれにプラス10円しないと届かなくなってしまいます。期間内であっても、年賀状でないハガキは52円では出せないので、郵便局のものでない私製のハガキを使用する方は、

ハガキ表面の切手を貼る下あたりにハッキリと「年賀」の文字を赤字で書くことを忘れないように気を付けてください!

ハガキ表面とは、郵便番号や宛名を書く側です。

私のように郵便局で購入した年賀はがきには元から赤字で年賀と書かれているので、年賀の朱記は不要です。

また、2018年1月7日でも回収が終わってしまった夜中にポストに入れたらだめなの??とか、

何時まで大丈夫なの??という疑問を持った方が結構いて、詳細の問い合わせが郵便局に殺到したらしいのですが、

2018年1月8日の最初の回収分までは52円で扱うという回答なので、7日中にポストに入れれば、

深夜でも大丈夫なようですね!

とはいえ、元旦に届くように早めに出すのが、理想であり、目標です!

私も今回は冬休みに入る前に出せるように頑張りたいと思います。

早く出しすぎても62円という期間は終わったので、皆さん、早く出してスッキリしましょうね(>_<)

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る