スポンサーリンク

ジャンプ展VOL.2に行ってきたよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンプ展いってきたよ

6月17日まで開催していた、ジャンプ展VOL.2 に6月16日の土曜日に行ってきました。

1990年代のジャンプの人気作品の原画やインタビュー映像、など見ごたえたっぷりでした。

もう、終わってしまったし、書かなくてもいいか、と思っていたのですが、

意外と実際にいった人がレポートしているブログ記事が少なかったので、簡単に書き残しておくことにしました!

知人に誘われて、行くことにしたんですが、チケット代が2000円で思ったより高くてびっくりしました。

ですが、2000円の価値のある内容だったと思います。

場所は六本木ヒルズ、森タワーの52Fです。

六本木に行くだけで疲れてしまいました(^^;)

土曜日だし、最終日一日前だったので、混んでるかな、と覚悟はしていましたが、やはりそこそこ混んでいて、入場するのに、

15分くらいかかったのかなぁ。

13時20分くらいに到着したんですが、お昼ごはんをまだ食べていなくて、腹ペコの状態で並ぶのがしんどかったです。

並んで、入場すると、まず壁一面にジャンプの切り抜きがしてある部屋で、待たされました。

次の部屋ではなにかの上映をしているようで、前の人たちがみている上映が終わると、

次のスクリーンがある部屋に案内されました。

なんとなくディズニーランドを彷彿とさせるような感じの段取りでした。

スクリーンがある部屋で2分だが4分だか忘れてしまいましたが、1990年代、ジャンプ展の為に作られた

映像を2つ観ました。手前のスクリーンで最初の映像を見た後、奥のスクリーンに移動して、

別の映像を見ました。漫画のイラストが使われた映像です。

2つ目の映像は確かドラゴンボールだけで、野沢雅子さんが悟空の声を出していました。

映像が終わると、そのままドラゴンボールの展示スペースに進めて、そこからは自由に見て回れました。

自由といっても一応順路があり、原画を近くで見る為には、並ばないとダメでした。

ドラゴンボールの鳥山明先生の原画は、修正の後等がほとんどなくて、ササッとうまく描けてしまう人なんだろうな、

と思ったり。

原稿用紙は、BIRD STUDUO(綴りはあやふやです、バードスタジオ)と印字されている

鳥山先生、オリジナルの原稿用紙に描かれておりました。

ドラゴンボールの次にあったのは、ジョジョだったでしょうか。

ジョジョは残念なことにカラーイラスト数点しか、展示されていませんでした。

漫画の原画見たかった(;_;)

とはいえ、見ごたえのあるカラーイラストで、綺麗でした!

背景が波打って見えるのはどうなっているんだ?と思ったら、単色のカラートーンの中に

空気が入ってしまっていて、波打っているように見えているような感じでした。

(古いから??それとも元からわざと??)

荒木先生の原画展は2018年8月24日から10月1日まで国立新美術館で開催されるので、

そちらも見ごたえがありそうで気になりますね。

(荒木先生の原画展は前売りも当日券も、ともに一般は1600円です。)

つぎのこち亀のブースではアニメの映像とともに歌も流れていて、両さんのフィギュアなどの展示もありました。

こち亀は漫画よりアニメの方が見やすくて好きでしたので、原画はサラッと見ました。

幽遊白書とスラムダンクのスペースが一番混雑していたと思います。

幽白のスペースでは「微笑みの爆弾」がアニメ映像と共に流れていて、

この曲、好きだったので「まちの、人混み、肩がぶつかって~♪」と歌いそうになりました(笑)

スラムダンクの所でも「君が好きだーと叫びーたい」と歌いそうに。。。w

井上先生、冨樫先生のインタビュー映像も大混雑の中、観ました。

(冨樫先生は、顔写ってませんでしたがw)

「冨樫さん顔も写ってないのに、みんな見たいんだね~」といっている人がいました。

最初にみた、ドラゴンボールの映像と同じような作りのスラムダンクと幽遊白書の映像もありましたよ。

ドラゴンボールと違って、声はなし、でしたが。

基本的に撮影禁止でしたが、一部撮影OKの展示があったので、写真撮ってきました。

1990年代ジャンプ展

ⓒスーの徒然日記
1990年代ジャンプ展

ジャンプ展いってきたよ

ⓒスーの徒然日記 ジャンプ展653万部の衝撃

マキバオーもアニメ観ていて好きでしたが、大人になってから、漫画を読んだら、

もっと大好きになったんだよなぁー、とかぬ~べ~に出てきた妖怪のことを夜、思い出して

怖くなったな、とかなつかしい思い出がよみがえってきたり。

るろうに剣心のスペースも凝った感じになっていたし、アニメの主題歌「そばかす」が流れていて、

やはり、歌いそうになったりしました。

剣心、漫画は最後まで読まなかったのか、忘れてしまったのか最終回の記憶がないですが、

薫と結婚して子供ができたんですか??剣心と薫とミニ剣心って感じのお子様の原画が展示してあったので、

最終回どうなったんだっけ?と気になりました。

マサルさんのスペースではメソが展示されてて、可愛かったけど、後ろのジッパーから、

緑色の何かがはみ出していましたw

マサルさんよりジャガーさんが好きな私です。

ジャガーさんの展示は次回のジャンプ展VOL.3ですね!

ワンピース、NARUTO、ブリーチ、デスノートなどが展示予定の2000年代~のジャンプ展は

2018年7月17日~9月30日開催です。

ジャンプ展VOL.3

ジャンプ展 2000年代 ⓒスーの徒然日記

夏休み中は、大混雑が予想されますね。

私が行った、1990年代のジャンプ展で、驚いたことがあったんですけど、

どの作家さんも、漫画の原稿やカラーイラストの本物の原画が少なくても数点、展示してある中、

漫☆画太郎さんのスペースには、当時のジャンプに掲載されていたであろう、

雑誌の切り抜きページがそのまま額に入れられて展示してあるだけだったことです。

貸し出すの嫌だったんでしょうか?何か理由があるのか。

漫画太郎さんについて詳しくないので、私にはわかりません。

(そもそも珍遊記も読んだことがなく、マキシマムザホルモンのCDで絵を知った。)

一人だけ、原画がないのが面白かったです。

出口の所で、入場券を見せると記念品が貰えるので、チケットは失くさないように注意しなければなりません。

ジャンプ展記念品

ジャンプ展 記念品
ⓒスーの徒然日記

こちらが記念品で、中身はステッカーのようですが、何が入っているか開けるまでわかりません。

記念品中身

ジャンプ展記念品中身
ⓒスーの徒然日記

私はジョジョのステッカーで一緒に行った、知人はマサルさんでした。

Twitterとかみてたら、ジョジョとマサルさんが当たってる人多いように感じましたが気のせい??

スラムダンクを求める、つぶやき多数目撃w

数、平等ではないのですかね??

こんな感じですべて、見終わって、記念品をゲットして、六本木ヒルズから抜け出すと、

時刻はすでに16時を過ぎておりました。

見ごたえあったけど、お腹空いたし、混んでたし、疲れた~!!!!

以上、ジャンプ展VOL.2へ行った感想でした。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました♥

ジャンプ展の感想を書くにあたって、ジャンプ展について、

検索したら、2018年3月に12日間だけ、ジャンプ図書館という

50年分2406冊のジャンプが無料で読めるスペースがあったということを知ったんですが、

めちゃくちゃ、行きたかったです( ;∀;)

知ってたら絶対行ったと思う!!

でも、読むの遅いから一日いてもどれだけ読めるかという感じだけども自分が生まれた週のジャンプとか見てみたかった。

また、ジャンプ図書館やって欲しいですよね!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る