スポンサーリンク

【初めての台湾旅行2日目】ツアーに参加したことを後悔しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾旅行、1日目は自由行動で行きたかった場所に行けて大満足でした(^ω^)

猫村とランタン飛ばしの記事はこちら♥

2日目は日本で申し込んだ、半日台北市内観光の3,000円のツアーに参加することになっていましたが、

朝から動物園に行きたかったので、申し込んだことを後悔しました(;_;)

台北市内観光&お昼に小籠包を食べるツアーの全貌

私が参加した1人3,000円のツアーについて語ります。



朝9時にホテルのロビーにて集合。

参加人数は7組で、たしか全員で20人くらいでした。

1人で参加している方もいました。

ホテルからはバスに乗って移動でバスの運転手さん1人と日本語が喋れる台湾人のガイドさんが1人です。

ガイドさんは50代くらいの女性の方で、旦那さんが日本人ということでしたが、少々、聞き取りにくい日本語でした(笑)

私は9時10分前くらいからロビーのソファーで待機していましたが、9時ギリギリにくる人や

遅れてくる人までいて、バスが出発したのは9時15分くらいだったでしょうか。

故宮博物院

台北市内を観光という情報だけで、どこへ行くのか知らされていなかったのですが、翡翠でできた

「白菜」と「豚肉(豚の角煮?)」が有名な故宮へ行くとガイドさんがバスの中で説明してくれました。

故宮とは正式名称「故宮博物院」で、中国の歴代皇帝によって収集されていた歴史的文化財を保存、展示する博物館だそうです。

ガイドさんは「白菜」と「豚肉」について熱弁してくれていて、豚肉は毛穴まで再現されていてすごいんだ、と

毛穴のことについて何回か触れていました(笑)

なんで、「白菜」と「豚肉」なんだ??どうして、そのチョイスでなぜすごいのかがガイドさんの説明ではよく分からなかったのですが、

翡翠の天然の色を生かして、白菜と豚肉に近づけているからすごいということみたいですね。

私はそう解釈しました。違ってたらごめんなさい(^^;)

9時40分くらいに故宮について、ツアー客全員でガイドさんを先頭にぞろぞろ歩き入口へ。

入口の手前で、1人に1つずつイヤフォン付きのトランシーバーのような機械が配られました。

イヤフォンを付けるとガイドさんのしゃべっている声が大きく聞こえます。

どうやら、ガイドさんの説明を聞きながら、見学するようです。

ガイドさんから離れすぎると音声が聞こえなくなってしまうのですが、結構速いスピードで移動するし、

他の団体客もたくさんいたので、ついて行くのが大変で何度かはぐれそうになりました。

以前、ご夫婦で参加の奥さんがはぐれてしまい故宮で迷子になってしまったという話も聞きました(笑)

最初の方で、ガイドさんがバスの中で熱弁していた白菜と豚肉の実物を見ることができました。

写真撮影は自由だったので、みんないい写真を撮るのに必死で白菜と豚肉の周りにはすごい人だかりでした。

私もあまりうまく撮れなかったけど、写真とってきました!

豚肉

ⓒスーの徒然日記

白菜

ⓒスーの徒然日記

写真だとよく分からないかもしれませんが、綺麗でしたし、豚肉にはガイドさんが言っていた毛穴?(笑)も見えました。

 

 

白菜と豚肉の他にも見どころは盛りだくさんで、綺麗なものがたくさんありました。

トランシーバーでのガイドさんの説明はほとんど何と言っているのかよく分からなかったのですが、

「これは、西太后が実際に身に着けていたアクセサリーです」というのは聞き取れました!

西太后と言えば、中国の三大悪女として有名ですよね。

西太后のアクセサリー 故宮

西太后のアクセサリー
ⓒスーの徒然日記

大昔の品なのにすごく綺麗ですよね!!

 

そのほかにも綺麗な文化財がたくさんあったので、写真を撮りすぎてしまいました(^^;)

故宮

ⓒスーの徒然日記

 

早足での見学が一通り終わると、30分の自由時間となり、お土産コーナーで白菜の耳かきを買ったり、

外で写真を撮ったりして過ごしました。

金魚の壺 故宮

ⓒスーの徒然日記

写真の金魚のイラストが入った壺?のミニチュアもお土産コーナーで買うことができます。

これクルクル回せるんです。 ガイドさんがミニチュアを所持していて、説明してくれました。

ミニチュア可愛くて、少し欲しくなりましたが、何に使えばいいか分からないのに、結構なお値段で、

置物にしておくのも、なんだかなぁ、と思ったので買いませんでしたw

 

集合時間になっても、またしても遅刻してくる人がいて、早く動物園に行きたい私はイライラしました。

集合時間に遅刻してきたのは、朝も遅刻してきた三人組のご婦人たちでした。。。

幸いにも迷子になった参加者はいなかったので、10分遅れくらいで、バスで故宮を出発することができました。

バスの中では次の行先についての説明が始まりました。

忠烈祠で衛兵交代式を見る

「次はイケメンを見に行きます、みんな背が高くてイケメンです、触っちゃダメですよ!!」

「みなさんイケメン好きでしょー??」

とか、とにかくイケメン、イケメンというのを連呼していて、どこに連れて行かれるんだろうと思いました(^^;)

「触っちゃダメですよー」というのも何回も協調していたので、以前、迷惑な観光客でもいたのでしょうか?

次の目的地は忠烈祠という所で、一時間ごとに行われる「衛兵交代式」を見る、というものでした。

イケメン兵士の「衛兵交代式」は見応えがあり、人気の観光スポットになっているようなのです。

私たち以外にもたくさんの見物人が、「交代式」待ちをしていました。

さすが、ツアーなので、到着すると割とすぐに「衛兵交代式」は始まりました。

衛兵交代式を見た

ⓒスーの徒然日記

入って近くの所にいた衛兵さん2人は全く動かなくて最初、人形かと思うほどでした。

暑いのに微動だにせず立ち続けていなければならないなんて結構な重労働ですよね。。。

大変だな、と思いました。

メインの「衛兵交代式」での衛兵さんたちの歩き方は特徴的で真似して歩いている人も!

私も真似しました(笑)多くの方はイケメン衛兵さんたちの写真や動画をとるのに夢中な様子でした。

「衛兵交代式」が終わるとバスに戻り、次の目的地へ。

お土産屋さんでお茶の試飲と買い物

お次はお土産屋さんでお茶を飲むことに。

お土産屋さんの奥にある中国茶が販売されているコーナーで2グループに分かれて、

3種類ほどの中国茶を少しずつとパイナップルケーキ、ドライフルーツなどを試食させてもらいました。

よく言えば、サロンでお茶会。悪く言えば、実演販売です。

もちろん、試食させてもらったお菓子やお茶は全て販売されているもので、買うことが出来ます。

試飲、試食が終わると30分間、お土産を買うための自由時間となりました。

パイナップルケーキは美味しかったし買おうと思っていたので、買いましたが、ツアーで連れてこられたお店は

全体的に高かったので、買わなければよかったと後悔しました。。。

4つ買えば、1つ千円になると言われて4つも買ってしまったので、

パイナップルケーキだけで4,000円です(^^;)

1箱には6個しか入っていません。

パイナップルケーキだけじゃ、お土産たりないよね、と思ってマンゴーのグミが160元で一番安かったので、

買おうかなと思ったのですが、160元て約624円で、ちょっとしか入ってないし、

このお店の中では安いけど、よく考えたら高くないか??と思って買うのをやめました。

やめといて本当に良かった。。。(パイナップルケーキもやめときゃよかった・・・)

パイナップルケーキは他の路面店、グミはコンビニで買えばいいのです!!

同じような味でいっぱい入っていて全然安いのがあるんですから!!!

お茶もすごく高かったです。少ないもので7,000円とかそんな世界でした。

そして、ガイドさんが身に着けていた台湾でしかとれない石で作ったブレスレッドは

お風呂にいれると入浴剤代わりにもなるとか言っていて、魅力的に感じたのですが、

凄く小さな石のちゃっちい感じのもので、約18,000円!!!

石が小さすぎてお風呂に入れても入浴剤の効果ないんじゃないの??って思いました。

最初に興味を示してしまったものだから、ガイドさんとお店の人のセールスが凄かった。。。

「入浴剤代わりになるから元取れますよ、ここでしか買えませんよ!!」と。

でも、お金がないのでということで解放して貰えましたw

ランチのメインは小籠包

ぼったくりお土産店での自由時間が終わると、いよいよランチタイムで、ツアー終了です。

バスに乗って小籠包のお店へ!!

台湾で小籠包といったら、ディンタイフォンが有名らしいのですが、ディンタイフォンではありませんでしたw

お店の名前は忘れちゃいましたが、ほかにも団体客がたくさんいたので、ツアー客用のお店なんでしょうかね。。

3つの円卓に分けられて、他のツアー客の人と一緒に昼食です。

私の円卓には自分も含めて、8人でした。

小籠包って熱々のイメージですが、作ってから時間が経っていたようでちょうどよい温度で、

熱々ではありませんでした。いいんだか悪いんだか。

小籠包

ⓒスーの徒然日記 ランチタイム

色んな種類の小籠包が運ばれてきて1人1つずつ食べました。

小籠包の他にも、酸辣湯のようなスープと大皿に盛られた炒め物が2品、炒飯も大皿で、最後に蒸しパンのようなデザートが出てきました。

この昼食もツアー代金に含まれていましたが、お酒や水以外の飲み物を飲む場合は別料金でした。

私はもちろんお水で!!他の人は結構ビールを自腹で注文して、瓶で飲んでいました。(リッチだな。。)

これにて、3,000円の半日ツアーは終了となりました!

9時集合⇒故宮博物院⇒衛兵交代式見学⇒お茶会サロン・お土産購入タイム⇒小籠包メインのランチタイムで13時解散

以上が、私が参加した台北市内観光ツアーでした。

ツアーのメリット・デメリット

ツアーのメリットは何といっても、移動が楽ということですね!

目的地から目的地までバス移動なので、楽ちんでした(^ω^)

中国語が分からないので、ガイドさんがついていてくれるのも心強いです。

ランチ代も含めて3,000円なら高くないのでは、と思いました!(^^)!

そして、ツアーのデメリットは。。。団体行動なので、遅れてくる人がいるということです。

運が良くマナーの良い人ばかり、という場合もあるかもしれないですが、

20人以上の団体となってくると1人くらい時間にルーズな人や悪気はないけど、迷子になってしまう人などが

出てくるわけです。そうすると、無駄な待ち時間が発生してしまうのです。

ぼったくりお土産屋に連れていかれたのもデメリットです。

ツアーで連れていかれたお土産屋さんにあるものは、どれも少々、お高めな値段設定でした。

現地の人は誰も来ないんだろうな、と思いました(^^;)

お土産購入の時間も長めに設定されていたので、ここでも待ち時間が発生してしまいました。

あと、ランチの時も、自分の分が決まっているスープは良かったのですが、炒め物と炒飯は大皿に盛ってあって、

各々自分で取り分けるので、遠慮して取りにくかったり、少し残ってしまったり、私は最初に全種類とったので、

大丈夫だったのですが、小籠包も余ってしまっていたのは、取ったか、取ってないか忘れてしまった人がいた為ではないかと思うんです。

1人1つずつとか言われていたので、もし間違えて多く食べてしまったら誰かの分がなくなってしまいます。

その結果、残ってしまったんだと思うんですよ。。。

自分の分が明確になっているメニューにしてくれた方が食べやすかったと思いました。

大皿系は辞めて欲しかったですね。。。。

朝から動物園に行きたかった私はツアーに参加したことを少し後悔したのでした。

台湾の人はみんな優しいし、電車も分かりやすいので、もし初めてでもツアーじゃなくても

大丈夫だと思いました。

ツアー終了後、動物園へ!動物園の写真や感想

ランチの後、ホテルまでバスで送ってくれると思っていたのですが、私たち以外のツアー客は

午後もこのまま九份に行くツアーへ参加するということで、お土産をもったまま台北市内でツアーを離脱し、

近くの駅まで歩きました。(ちなみに九份のツアーにも参加すると料金は一万円になります)

動物園は文湖線の動物園駅というところを降りてすぐです。

台北駅から動物園駅までの電車賃は35元(約137円)でした。

淡水線の大安駅で文湖線に乗り換えて、動物園駅です。

1時間くらいでついたと思います。

駅の改札を出て左へ歩いていくとすぐに動物園の入り口がありました!

動物園の入園料は大人60元(約234円)です。

動物園チケット・整理券

ⓒスーの徒然日記

入園するとすぐにパンダを観覧するための整理券を貰えたので、まずパンダ園に向かいました。

台湾でもパンダを見る為には整理券が必要なのかぁ、とパンダの人気を再確認(^^;)

上野動物園で整理券を貰ってシャンシャンを見た時のことを思い出しました。

台湾の動物園のパンダ園には、私が行った時には、2匹のパンダしかいませんでした。

一匹は後ろを向いて寝ていましたw

子パンダや赤ちゃんパンダはいなかったので、上野動物園の方が、パンダが充実しているという

印象を受けました。

この動物園は入口から登り坂となっているので、入り口付近にある列車乗り場から列車に乗って上まで行き、

上から下りながら、動物を見るというのが、オススメだと、ネットで見たので列車に乗ることに!

パンダの観覧を終えると、列車乗り場へ向かいました。

列車の料金は安くて1人5元(約20円)でした!お釣りは出ないので、5元玉を用意しておくのがいいですね。

駅に両替機があったはず!

列車は面白かったですよ(^ω^)安いし、オススメです!!

台湾動物園

ⓒスーの徒然日記

雨が降ってきてしまったし、時間が足りなかったので、あんまり写真とれませんでしたが、満足でした!!

写真にはないけど、ほかにも可愛い動物がたくさんでした。

コツメカワウソの泳ぎっぷりが可愛かったです。

あと、爬虫類館の写真にもいる黄色と青のカエルは最初、置物かとおもうくらいおもちゃっぽい可愛さでした。

動物園の閉園時間が17時なんですが、到着したのが14時過ぎだったので、全然時間が足りなかったのが、

悔やまれます(;_;)

本当は朝から動物園に来たかった!!!

ツアーに参加したことが悔やまれます。。。

滋和堂でおつかい

動物園の後は、知人に頼まれていたフーフークリームという台湾でしか買えないやけどに効果的な

万能クリームを買うために滋和堂というお店へ!!

滋和堂でフーフークリームが買えるというのはホテルの人に聞いて判明しました。

それまでは普通に薬局とかで買えるものだと思っていたのですが、薬局には売っていないし、知らないと言われ、

台湾の人ならみんな知っているクリームなのかと思っていたけど、誰も知らなくて(^^;)

ホテルの人も知らなったようですが、調べてくれて、「いいものみたいですね」という感じでした。

知る人ぞ知るという感じなのでしょうか?

フーフークリームが買える滋和堂は松江南京という駅が最寄り駅です。

動物園駅から松江南京までの電車賃は30元(約117円)でした。

松江南京駅から滋和堂にいくのに迷ってしまって人に聞きまくりました。

最終的に声をかけた白衣の女性がなんと、滋和堂の店員さんで、一緒についていきました(笑)

滋和堂はマッサージだか整体みたいなことも奥でやっている薬局という感じのお店でした。

白衣をきた日本語が喋れる店員さんが一番高いフーフークリームを勧めてきました。

みんな一万円のものを買っていくというのです。(ほんとかいな!!)

フーフークリームは大、中、小のサイズがあって、大きいのが一番お得だというのです。

でも、大きいのは一万円です(^^;)

知人の方からのリクエストは、「3,000円以下だったら二つ買ってきて!」というものでした。

フーフークリームは一番小さいものでも約3,900円でした。

中サイズが約7,000円です。

ものすごいセールスでクレジットカードも使えるということだったので、

知人に小サイズを1つ、自宅用に中サイズを1つ買いました。

台湾でしか買えないというし、良い物というのは知人から聞いていたので、自分も欲しかったんです。

フーフークリームについては、またほかの記事でレビューしますね!!!

フーフークリームについてはこちらの記事で詳しく書きました♥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る