スポンサーリンク

【美髪】ダイソー桃の木櫛で作るオイル櫛

©2018 スーの徒然日記 桃の木くし

Twitterでみねばりの櫛の記事を見かけて、欲しいなぁ、と思うと同時にダイソーの「桃の木櫛」のことを、

思い出しました。

ダイソーの「桃の木櫛」とは?

数年前、ダイソーの「桃の木櫛」をオイル漬けすると、高級な木櫛のようなものが作れる!!

ということがネットで話題になっていました。

私も、「桃の木櫛」が欲しくて、欲しくて、ダイソーを探し回りましたが、当時は全く見つからず。。。

ですが、最近はダイソーで「桃の木櫛」を見かけることも多くなり簡単に手に入るようになりました!

「桃の木櫛」が欲しいという欲望はなくなっていましたが、当時、買えなかった反動から、

3種類の「桃の木櫛」を購入してみました。

©2018 スーの徒然日記 桃の木くし

©2018 スーの徒然日記 ダイソー桃の木櫛

「桃の木櫛」をオイル漬けする為に必要なヤスリはダイソーではなくホームセンターで購入したものですが、

100円くらいでした。

この「桃の木櫛」どのタイプもダイソーで108円で購入できるのですが、天然の桃の木で作られていて、

高級木櫛に似ているそうなんです!椿油やあんず油につけて、オイルくしにして、高級櫛と同じように、

箱やケースに入れて、大切に使っている人もいたものです。

私も、せっかく手に入れたので、「桃の木櫛」の幅広タイプをオイル漬けしてみることにしました!

スポンサーリンク




桃の木櫛でオイル櫛を作る!!

ダイソー「桃の木櫛」の幅広タイプには裏面にオイルの漬け込み方が書かれているので、

それに従ってやってみました☆

ちなみに細長い柄付きタイプの裏面にはオイルの漬け込み方の説明はありませんでした。

材料

  • 桃の木櫛
  • お好みのオイル(私はあんず油)
  • ヤスリ
  • サランラップ
  • ジップロック
  • キッチンペーパー

オイルの漬け込み方

①ヤスリで表面のニスを落とします。

©2018 スーの徒然日記

©2018 スーの徒然日記

②くしの下にラップを敷き、お好みのオイルをたっぷりと染み込ませます!

私はあんず油を櫛の上からドバドバかけました。

©2018 スーの徒然日記

©2018 スーの徒然日記

③くしをサランラップで包み、ジップロックなどの保存袋に入れて、3日~1週間放置します。

私は1週間漬け込みました!(^^)!

©2018 スーの徒然日記

©2018 スーの徒然日記 漬け込み中

④色がアメ色に変わったら、オイルをキッチンペーパーでしっかりとふき取り、自然乾燥させます。

乾燥期間1日となっていますが、私は3日くらい乾燥させました!

乾燥期間がおわれば「オイルくし」の完成です!!

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、非常に簡単です☆

高級木櫛が欲しいけれど、お金がない、と悩んでいる方はまず、ダイソーの「桃の木櫛」で

なんちゃって高級木櫛を作ってみてはどうでしょうか??

桃の木くし幅広タイプは持ちやすくてオススメです(^ω^)

あんず油について

「オイルくし」を作る際に使うオイルはお好みで、とされていますが、

ほとんどの方は椿油かあんず油を使うのではないでしょうか??

シャンプーに一滴、椿油やあんず油を混ぜると美髪になるとか、美髪の女子が髪の毛のお手入れに

椿油を使っていると聞いたことから、高校生くらいの頃から椿油は家に常備されていたような。。

(なかなか無くならないのでコスパも最強!!)

ある時、椿油を買おうと思ったんだけど、あんず油を先に見つけたので、たまにはあんずを買ってみよう!

と、購入してみたところ、香りが気に入って、それ以来、椿油でなくあんず油を使うようになりました(^ω^)

 

©2018 スーの徒然日記

©2018 スーの徒然日記 あんず油

あんず油の香り、大好きです♡

私は、だいたいAmazonで購入しています。


600~700円くらいのお値段でお財布に優しいです!

 

木櫛の良い所、自作オイル櫛の感想

木櫛で毎日髪をとかしてお手入れすると美髪になると言われます。

プラスチック製のブラシだと、冬は静電気がおきてしまうこともありますが、

木櫛だと静電気が起こることはありません!(^^)!

「桃の木櫛」はオイル漬けしていないものも使用していて、それも悪くないのですが、

「オイルくし」にしたほうが、オイルの効果でとかすと髪の毛がツヤツヤしますし、

なんとなくいい感じです!あと、見た目もオイル漬けしたほうが、アメ色になって綺麗です!

桃の木櫛の幅広タイプはもともとニスが塗ってあって見た目キレイなのですが、

私が持っている他の2つはオイルに漬け込んだ方がいい感じの見た目になると思います♪

あとですね、冒頭紹介した、みねばりの櫛やつげ櫛などの高級木櫛は1万円以上するものも多いのですよ!!

木櫛の世界は奥が深いのです。

ダイソーの「桃の木櫛」で木櫛の世界に一歩踏み込むのです!

高級な木櫛との違いを楽しむのもありですね。

たいして、違いがなかったら、それはそれでショック!!

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る