スポンサーリンク

スマホ熱中症とは?【正しい対処法?】

nvtrlabによるPixabayからの画像


最近、猛暑で熱中症患者が急増していますが、
スマホ熱中症という言葉を今年、初めてききました。

スマホ熱中症とは

スマホ熱中症とは、外で携帯電話を使っていると、
突然、シャットダウンして画面が真っ暗になり、スマートフォンが使えなくなってしまうという現象のことだそうです。

スマートフォンは37℃以内の場所で使用してください、というのが前提としてあるようなのですが、
ここ最近の猛暑で外の気温は40℃以上になることもしばしば。

そんな日中の炎天下で、スマホを使用していると、本体が熱くなってきて、突然使用できなくなってしまうという現象が頻発しているそうです。

このような現象のことを誰かがスマホ熱中症と名付けたようですね。

ニュース番組でも取り上げられていました。

スポンサーリンク



間違った対処法

スマホの本体が熱くなってしまったことが、原因なら冷やせばいいのでは?

ということで保冷剤や氷をスマホにくっつけて冷やすのはNGです!

保冷剤や氷を使って冷やすと結露をおこして、最悪壊れて使い物にならなくなってしまうそうです。

正しい対処法

保冷剤や氷を使わずに安全にスマホの熱を逃がす方法があります!
それに必要なのには10円玉!!

©2020 スーの徒然日記

©2020 スーの徒然日記

10円玉をスマホの上に乗っけておくだけで、熱が10円玉に移り、熱を逃がしてスマホの温度を下げることができます。
10円玉を乗せた状態のスマホに扇風機の風をあてることも本体を冷やすのに効果があるそうです!

500円玉や100円などの他の硬貨ではダメですよ。

10円玉は銅でできているので効果があるのです!

©2020 スーの徒然日記 スマホ冷却には10円を

©2020 スーの徒然日記

この方法は熱を帯びて熱くなったノートパソコンにも効果的です。

私もテレワークでノートパソコンが熱くなっていたので、10円玉を乗せて熱を逃がしてみました。

©2020 スーの徒然日記

©2020 スーの徒然日記

テレワークを少ない予算で快適にする方法については、こちらの記事で紹介しています☆

 

 

まとめ

  • 猛暑日に外でスマートのフォンの使用は控える
  • スマホ熱中症の状態になっても保冷剤や氷を使わない
  • 冷却には10円玉を!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る